ダイエットの知識

ダイエットサプリとダイエット青汁はどっちがいい?

青汁と言えばおじいさんが「まず~~い!もう1杯!」と苦味を我慢して飲み干すCMが有名で、健康に良いけど苦いものというイメージが強いです。

しかし最近は「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」や「ハッピーマジック」など、芸能人をイメージキャラクターにしたものが増えてきて、女性のダイエットに使えるオシャレな青汁も増えてきました。

もちろん従来通りの健康重視の青汁も健在ですが、若い女性にはジュース感覚で飲めて、お手軽にダイエットできる青汁が注目を集めています。

ダイエットサプリか青汁かどちらを使うか迷って、「青汁の方が痩せそう」と青汁を選ぶ人も多いです。

ただ、青汁を選んだからと言ってダイエットサプリより痩せられるとは限りません。

今回は青汁の中でも女性向けのものに焦点を当てて、ダイエットサプリとどっちがいいかを比較してみたいと思います。

女性向け青汁のメリット

最近は甘くておいしい青汁がどんどん増えてきて、なんだかフルーツジュースみたいなパッケージの青汁が増えてきています。

もちろん甘いだけでなくて成分もしっかりしたものが多く、青汁の基本を抑えつつ独自の成分アレンジで差別化されている印象です。

まず、青汁の主原料であるケールや明日葉はビタミン、カロテン、ミネラル、食物繊維が豊富。

それに+αとして野菜の酵素を入れる、コラーゲン・プラセンタなどの美容成分を入れるなど、メーカーによっていろんな工夫がされています。

何より、ダイエットサプリとの大きな違いは野菜の代わりになることですね。

青汁は朝食と置き換えることでカロリーを浮かせるという工夫もできます、

しかしダイエットサプリは空腹の状態で飲むと胃を痛めることがあるので、青汁と同じような使い方はできません。

女性向け青汁のデメリット

最近の女性向け青汁は飲みやすくて健康に良い、まさにいいこと尽くしに思えますが、思わぬ落とし穴もあります。

たとえば人工甘味料や保存料を配合しているなど、余計なものが配合されている場合があるんです。

まず、青汁はそのままだととても苦いので、ジュース感覚で飲めるようにするには何らかの方法で甘味を付ける必要があります。

高い物になると黒糖やラカンカなどで天然の甘味を付けていますが、安物だと人工甘味料を配合しているせいで、無駄な糖質を摂ってしまうのです。

サプリメントにも添加物が多くて質の悪いものがありますが、さすがに人工甘味料まで入れているものはありませんね。

そして個人的に残念なのが、脂肪を燃焼してダイエットサポートする成分がないことです。

「酵素で痩せやすくする」、「食物繊維でお通じを良くする」といった効果はあっても、お肉を直接狙い撃ちするような成分に欠けているんです。

もし「太ったから脂肪を燃焼したい」というのなら、「スリムバーン」「はぴーと」といったブラックジンジャー系サプリがお勧めです。

まとめ

青汁にもダイエットサプリにもそれぞれの良さがあるので、自分が求めているダイエット効果によって使い分けるのが良いと思います。

青汁は野菜成分の補給が得意で美容成分が配合されているものも多く、ダイエットサプリなら脂肪燃焼(運動の代謝アップ)が得意です。

今の自分にいったい何が必要か考えたうえで、なりたい自分に合っているものを選びましょう。

そして置き換えダイエットや食事制限が苦手で、美味しいものを我慢したくないという方はカロリーカットサプリを併用するのがお勧めです。

-ダイエットの知識

CAROLEVIEWイチオシのカロリーカットサプリ

スリムブロッカー

スリムブロッカーは4つの成分で脂肪をブロックする魅力のカロリーカットサプリです。20代~30代の女性のリピーターが急増中です!

スリムブロッカーのおすすめポイント
  • 糖質や脂質が気になる
  • デトックスにも力を入れたい
  • 野菜が苦手で、食物繊維が不足しがち
  • サプリメントを飲む個数は少ないほうが良い
  • 継続じゃなくても買いやすい値段が良い

スリムブロッカー
公式サイト