ダイエットの知識

【たけしの家庭の医学で絶賛!】脂肪を減らすダイエット海藻「アカモク」とは?

9/26放送の「たけしの家庭の医学 内臓脂肪を減らす秘海藻&ご長寿ホルモンSP」でアカモクという海藻が紹介されました。

今、アカモクはミネラルなどの栄養素が豊富で、内臓脂肪を減らす効果があると注目されています。

食べる地域と食べない地域がはっきり分かれているので知らない人は本当に知らない海藻なんですが、アカモクのダイエット効果を知らないのは正直勿体ないです。

アカモクとは?

メカブやモズクなどの海藻に粘り気があるのは「フコイダン」(食物繊維)が豊富なのに由来しているんですが、アカモクも非常に粘り気が強く、フコイダンをたっぷり含んでいます。

フコイダンにはお通じを良くする、成人病を予防するなどの効果があり、健康サプリにもよく配合されています。

そして、体重が90kgを超える女性55人にアカモクに含まれるある成分を16週間摂取してもらったところ、体重が平均約7kg減り「内臓脂肪を含む脂肪の量」が約11%も低下したと言われています。

アカモクのダイエット成分とは?

アカモクがダイエット食として注目されているのは、「フコキサンチン」という成分が含有されているからです。

まず、フコキサンチンは肥満の原因になる白色脂肪細胞に作用し、UCP1という遺伝子を発現させます。

UCP1が発現することで脂肪を燃焼する働きが産まれ、ただのぜい肉だった白色脂肪細胞を分解できるようになる…といった感じです。

フコキサンチンの抗肥満作用について、宮下教授らがさらに詳細な報告をしています。フコキサンチン分画(フコキサンチン含量67.4%)を、KKAy肥満マウスに4週間混餌(0.4%)投与し、内臓脂肪重量を測定しました。その結果、フコキサンチン分画投与群は、コントロール群と比較して、有意な脂肪重量減少が認められましたが、糖脂質分画投与群では脂肪重量減少作用は認められませんでした。
オリザ油化株式会社

この表は肥満マウスを3つのグループに分けて、それぞれ普通の餌、フコキサンチンを含んだ餌、糖脂質を4週間与えた時の体重の比較です。

比較するとフコキサンチンを摂取したマウスは白色脂肪(内臓脂肪)が明らかに減り、UCP1の発現率が飛躍的に高まっています。

また、フコキサンチンには血糖値を減少させる働きもあるので、糖尿病予防にもなります。

ちなみに、アカモクのダイエット成分はフコキサンチンだけではありません。

ぬめり成分のフコイダンも脂肪燃焼や便秘改善に作用してくれる強力な成分なので、ダイエットを目指す方がアカモクやもずくなどの海藻を食べないのはハッキリ言って勿体ないです。

>>フコイダンの詳しい説明はこちら

アカモクは美容にも良い

アカモクはダイエットだけでなく、美容効果も高いことで知られています。

まず、先ほど軽く説明したフコイダン(食物繊維)によってデトックスを促せば余分なものを体外に排出できます。

次に、鉄分やマグネシウムなどのミネラルが豊富なので肌の新陳代謝を安定させてくれます。よく「海洋深層水がお肌に良い」と言われるのもミネラルを含んでいるからです。

そしてアカモクにはポリフェノールも豊富に含まれています。

ポリフェノールは血管の酸化(老化)を防ぐ抗酸化作用があり、サラサラ血液化や新陳代謝をサポートしてくれます。

アカモクの食べ方

アカモクを食用に使う場合、生で食べるのは絶対にやめてください。

アカモクは生のままだとヒ素を含んでいるので、まず熱処理しないと健康被害を及ぼす恐れがあります。

これはひじきなどの他の海藻にも言えることで、「ゆでこぼし」(煮た時のゆで汁を捨てたあと水洗いする)という方法でしっかり洗うことをお勧めします。

処理を済ませたアカモクはみそ汁に入れる、納豆やオクラと混ぜるなどのシンプルな食べ方でも何でもOKです。

ダイエット食を生活に取り入れる場合、やっぱり自分の好きな料理にしないと長続きしないので、好きな料理にどう取り入れるか考えてみてください。

ヘルシー志向にこだわるなら豆腐ハンバーグを作る時にアカモクを混ぜる、なんてのも良いと思います。

アカモクをサプリメントで摂る場合

いくらダイエットや美容に良いと言っても毎日アカモクを煮て食べるのはめんどくさい、時間がないという方も多いと思います。

その場合、サプリメントでアカモクを摂るのもアリです。

たとえば「褐藻あかもく たま藻」は福岡県産の天然アカモクをふんだんに配合したサプリで、1日6粒でアカモクの栄養素を摂れるようになっています。

しかし、テレビで紹介された影響で、アカモクやアカモクサプリメントはどこも売り切れで現在入手困難になっています。

楽天のショップページやAmazonを見ると入荷が10月上旬というものばかりなので、待っている間に他のダイエット方法を試すのもアリかもしれません。

たとえばアカモクを使い始めるまでの繋ぎとしてカロリーカットサプリを続けていれば摂取カロリーをかなり軽減できますし、本格的に痩せたい方なら脂肪燃焼サプリを使うのも良いでしょう。

まとめ

アカモクは脂肪細胞を燃焼させるフコキサンチンや食物繊維のフコイダン、ミネラル、ポリフェノールなどを含んだ超栄養食です。

調理には下処理が必要でちょっと大変かもしれませんが、意外とどんなメニューにも合うので食卓にアクセントを入れる意味でもお勧めできます。

残念ながら今からアカモクを手に入れようとしても売り切れ続出でなかなか難しいと思います。

その場合はもずくやめかぶなどの他の海藻を摂るのも良いですし、どうやって痩せるかあらためて考え直すのもいいかもしれません。

-ダイエットの知識

CAROLEVIEWイチオシのカロリーカットサプリ

スリムブロッカー

スリムブロッカーは4つの成分で脂肪をブロックする魅力のカロリーカットサプリです。20代~30代の女性のリピーターが急増中です!

スリムブロッカーのおすすめポイント
  • 糖質や脂質が気になる
  • デトックスにも力を入れたい
  • 野菜が苦手で、食物繊維が不足しがち
  • サプリメントを飲む個数は少ないほうが良い
  • 継続じゃなくても買いやすい値段が良い

スリムブロッカー
公式サイト