ネガティブ風のサプリメント画像

カロリーカットサプリの知識

【取扱注意!】カロリーカットサプリを使う前に知っておきたい注意事項

2017/09/27

カロリーカットサプリを選ぶ時「副作用はないのかな?」と確認することはとても大事です。

カロリーカットサプリはお肉のモトになる脂肪や糖、炭水化物の吸収をブロックしてくれる効果があります。しかし使い方を間違えると思わぬ副作用やトラブルを引き起こす恐れがあります。

そこで今回はカロリーカットを正しく安全に使うために、必要な知識や注意点をまとめてみました。

カロリーカットサプリでお腹が痛くなる!?

カロリーカットサプリの副作用の問いかけに考えている女性の画像

カロリーカットカットサプリの口コミを見ていると、「下痢がひどくなった」、「便秘がひどくなった」などの、お腹に関係のある副作用を訴えている方をよく見かけます。

こういったトラブルは食物繊維(難消化性デキストリン)やキャンドルブッシュ、乳酸菌などの、お通じに作用する成分が影響していると考えられます。

それぞれ決して悪い成分ではないのですが、胃腸が弱い方には効果が強すぎてお腹を壊してしまう恐れがあります。この中でも特にキャンドルブッシュは下剤成分なので人を選ぶでしょう。

しかし、便秘解消はお腹をスッキリさせるだけでなく、体に溜まった毒素を捨てるために絶対必要なデトックス方法なので、カロリーカットサプリには優先されやすい成分です。

「太りたくないけどお腹を壊しやすい」という方はこれらの成分が入っていないサプリを選ぶか、1日の用量を減らして様子を見るなどしてみましょう。

使い方を間違うとどんな危険性がある?

危険性の説明を表すため人差し指を立てている手の画像
カロリーカットサプリは基本的には安全ですが、何だかんだ言って自分の体に直接作用するものなので、使い方には注意が必要です。

では、カロリーカットサプリの間違った使い方とはどのようなものでしょうか。

過剰摂取すると危険性が上がる?

サプリメントは食品といっても、過剰摂取をすると危険性が高くなってしまいます。なので、用量はきちんと守りましょう。

毎日目安量の何杯も飲む、一度にがぶ飲みするなどしなければ成分の過剰摂取に陥ることはありません。「人より太っているから倍の量を飲まないと効果が出ない」ということはまずありえないと思っていいです。

カロリーカットサプリを過剰摂取してしまうと、下痢で腸内環境が乱れてしまったり、本来必要な栄養素も吸収されずに栄養失調などを引き起こす危険性もあります。

そうなってしまえば、リバウンドにつながってしまうなど、ダイエットにとっても逆効果となってしまいます。副作用が出ないからといって、効果を出すために目安量を大きく超えて飲んだりするのは危険性を高めてしまうので避けたほうが良いでしょう。

アレルギー物質に注意

カロリーカットサプリによく使われる成分に、大豆やキトサン(えび・かにの甲殻から抽出される成分)などがあります。

アレルギーが特にない方なら問題なく使えますが、もし自分の使ったサプリにアレルギー物質があった場合、体調を崩す恐れがあります。

テレビの健康番組などを見て「〇〇が配合されているからこのサプリが良さそう!」と選ぶのはかまいませんが、それと一緒に自分にとって危険な成分が入っていないかも確認してください。

糖尿病の治療中に使うのも危険性が上がる?

カロリーカットカットサプリは、カロリーの一番の源となる「糖」の吸収をカットする成分が中心です。

糖尿病は血液中の「糖」の量(血糖値)が高くなりすぎる病気で、治療中はインスリンというホルモンで血糖値を下げています。

そこで、カロリーカットサプリを摂取してしまうと、さらに血糖値が下がってしまいます。基本的に人間の体は、足りないものを補うという性質があるので、カロリーカットサプリで血糖値を下げすぎることで、かえって糖尿病の治療には逆効果になってしまう危険性もあります。

糖尿病の治療をしている方は、カロリーカットサプリを買う前に医師に相談することをオススメします。

海外製は危険性が高い?

カロリーカットサプリに限らずサプリメント全般に言えることでもありますが、海外製の商品はおすすめできません。

日本の国内で作られたサプリメントであれば、厚生労働省で許可されている原料でできていますので、メーカーの目安量を守っていればほぼほぼ安心して使えます。

海外製品は国内品より効果の高いものが多いですが、健康被害があっても問合せしにくい、そもそも日本人向けに作られていないなどの不安点があります。

サプリメントの成分の基準や規制は国ごとに違うため、海外のサプリには日本の厚生労働省で許可されていない成分が入っている可能性だって大いにあります。

例えば、タイ製のカロリーカットサプリで幻覚作用や精神障害などの副作用が出たり、別のダイエットサプリではおならをしただけで油のようなものが出るほどお腹がゆるくなったりと、日本製のサプリメントではありえないような副作用の体験談や口コミを見かけます。

サプリメントと呼ばれていても、実際には医薬品レベルの成分が含まれているものもあるようですが、そんな危険性の高いサプリの多くが現在は個人輸入などを使った通販で簡単に手に入るようになっています。

中には「正規品」など、安心感を出すような言葉を使って海外製のサプリを販売している業者もありますが、わざわざお金を払ってまで危険な橋を渡るのはお勧めできません。

自分に合った方法でカロリーカットサプリを使おう

この記事のまとめを表す「まとめ」と書かれたスケッチブック

カロリーカットサプリの使い方を間違うと、場合によってはダイエットどころではなくなってしまうこともあります。

もし、カロリーカットサプリをいくら使ってもダイエット効果が出ない場合は、カロリー吸収ではなく違うところに原因があるのかもしれません。

痩せない原因は、カロリーの摂り過ぎの他に、代謝が悪いということもあります。代謝が悪いと脂肪が燃焼されないため、いくらカロリー制限をしても痩せにくい状態はなくならないのです。

そのため、カロリーカットサプリの量を増やしても痩せない、もしくは副作用がひどいという方は、代謝を促進する食品を摂取したり、有酸素運動を始めるなど、ダイエットの方向転換をしたほうが良いのかもしれません。

ダイエットの一番の目標は健康的に脂肪を落として痩せることです。無理をして危険性を上げるよりも、自分に合った方法でカロリーカットサプリを上手に使っていきましょう。

-カロリーカットサプリの知識

CAROLEVIEWイチオシのカロリーカットサプリ

スリムブロッカー

スリムブロッカーは4つの成分で脂肪をブロックする魅力のカロリーカットサプリです。20代~30代の女性のリピーターが急増中です!

スリムブロッカーのおすすめポイント
  • 糖質や脂質が気になる
  • デトックスにも力を入れたい
  • 野菜が苦手で、食物繊維が不足しがち
  • サプリメントを飲む個数は少ないほうが良い
  • 継続じゃなくても買いやすい値段が良い

スリムブロッカー
公式サイト